寄付金CRM

募金事業をもっと戦略的に。

学校 戦略 寄付事業

向けの
寄付金管理システム クラウド

周年事業と連動した期間限定の募金事業だけでなく、経常的に設けられている募金事業を一元的に管理します。卒業生、在校生、保護者、関係法人、職員といった寄付候補者と過去に実施した複数の寄付募金事業の寄付金の履歴情報を紐づけて管理することが可能で、寄付実績に応じた募金事業戦略の立案に繋がります。

寄付候補者の事前登録 周年募金事業と経常的募金事業の一元管理 複数の募金事業履歴による戦略立案

機能や料金のお問い合わせは…

フォームお問い合わせ

情報とシステムの流れ

寄付金CRMクラウドは事前に登録した寄付候補者データから、目的に沿ってデータ抽出し、趣意書送付・お礼状送付・入金確認といった募金事業タスクに活用できます。

  • 複数の募金事業の
    寄付履歴を
    一元管理

  • 卒業生管理 システムとしての
    利用も可能

  • 受配者指定
    寄付金に必要な
    提出様式に対応

寄付金管理システムの特長

募金事業を網羅的に管理

創立周年事業といった期間限定の募金事業に加え、経常的に実施されている募金事業を網羅的に管理できます。周年募金事業においても寄付履歴を継続的に管理することで、次回の周年募金事業の寄付募集戦力の立案が可能となります。複数項目で管理が可能な寄付候補者の属性を活用して寄付募集戦略における対象セグメントの抽出選定が可能です。

受配者指定寄付金様式に対応

日本私立学校振興・共済事業団が取り扱う「受配者指定寄付金制度」を利用する際に作成が必要な各種様式に対応しています。様式は事前設定されていますので、システムに登録されたデータが自動的に帳票に反映されます。寄付募集事務局における煩雑な事務手続きの軽減につながります。

登録された寄付金情報を利用して
受配者指定寄付金様式に
直接データが出力できます。

柔軟な集計レポート設定

寄付者または寄付候補者のマスター情報と寄付履歴情報から任意のデータ項目を指定して集計レポートを作成することが可能です。寄付募集事業の進捗を可視化するためのグラフ出力や、クロス集計機能を利用して寄付者の属性データと寄付履歴を集計するなど、寄付募集戦略に活用できるレポートの作成が可能です。

集計対象テーブルとX軸、
Y軸を管理画面で指定し
簡単にクロス集計レポートが作成できます。

独自帳票への出力が可能

事前に設定されている標準帳票に加えて、寄付募集事務局で独自に作成されたエクセルフォーマットを帳票として活用できます。管理画面から帳票に出力したいデータ項目とエクセルフォーマット上の出力セルを指定するシンプルな操作でご利用いただけます。

出力したいデータ項目を指定

名寄せ機能と修正履歴管理

名寄せ対象の項目を設定しておくと「名寄せ候補」を抽出することが可能です。実際の名寄せ作業は管理画面から行います。修正した内容と操作をしたユーザアカウントのデータは履歴として事後確認することが可能で、データを過去のバージョンに戻すことも可能です。

自働ピックアップされた
対象データの名寄せ先を指定。
名寄せ実行履歴は事後参照可能です。

セキュリティ

Webサーバーとデータベースサーバーを同一WAN内に置くことでパケット遅延・欠損を防いでいます。個人を特定出来るような情報は復元不可能なMD5ハッシュによる暗号化を行っており、全ての通信はSSLによるセキュアな通信を行っていますので情報漏えい等に関してご安心いただけます。

卒業生管理システム

寄付金CRMの特長として「卒業生管理システム」としての用途利用が挙げられます。寄付金の管理システムであることに変わりありませんが、「寄付金CRM」は寄付実績ごとにデータを登録する仕様ではなく、寄付候補者を事前に登録できる仕様となっていますので、「卒業生管理システム」としてご利用いただくことも可能です。

卒業生情報の一元管理を
目的とした利用も可能です。

料金

初期費用

300,000円(税抜)〜

※標準サポートの範囲を超える設定調整や設定支援、初期データ整備などが必要な場合はご相談ください。別途導入支援費用として御見積いたします。

サービス利用者

寄付候補者データ登録数従量制(税抜)

10,000件まで
40,000
50,000件まで
80,000
100,000件まで
100,000
200,000件まで
200,000
300,000件まで
250,000

※ご利用のデータ件数は月末締め日を含む5営業日前のデータ件数を基準とします。

寄付金CRMの詳しい
サービス説明・導入のご相談は

フォームお問い合わせ

よくある質問

管理するためのパソコンの推奨環境はありますか?

Windows OS、Mac OS共に動作します。推奨ブラウザとしてはChrome、Microsoft Edge、Safariの最新版を挙げさせていただいています。タブレット端末、スマートフォン端末にも対応しています。

寄付候補者のデータ管理項目が当学園独自の仕様の場合はどうすればよいですか?

寄付候補者のデータを管理するためのデータベースは設定で変更することが可能です。オプション作業の対象となりますが、システムを改変する訳ではありませんので、比較的低コストでご提案が可能です。是非お問い合せください。

標準の価格表に管理ユーザ数の記載がありませんが、管理ユーザ数によってサービス費用は変化しますか?

サービス利用者数の範囲に管理画面をご利用いただく管理ユーザ数も含めていただく方式とさせていただいています。

寄付候補者や寄付履歴データのアップロードに利用するファイルの形式は何ですか?

管理画面からCSV形式のファイルでアップロードしていただけます。

寄付候補者にメール同報を行いたいのですが、このシステムで可能ですか?

申し訳ありません。登録者データに対するメール同報の機能を提供しておりません。登録者データはCSV形式でダウンロードしていただけますので他のツールをご利用ください。